呪術廻戦 260話 ネタバレ|虎杖東堂コンビで宿儺を倒しきる?

呪術廻戦 260話 ネタバレ|虎杖東堂コンビで宿儺を倒しきる?
呪術廻戦 260話 ネタバレ|虎杖東堂コンビで宿儺を倒しきる?

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日jujusukaisenraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

これにより虎杖は日下部との修行でシン・陰流「簡易領域」の習得を達成します。

回想描写で描かれていた修行シーンはこれになるようですね。

秤がこの点に関して「シン・陰流「簡易領域」が門外不出ではないのか」と問いますが、冥冥曰くなんとかしたとのことでした。

お金がらみの何かしらがありそうですね・・・

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

憂憂曰く、「ひと月の期間で入れ替えができるのは1人につき2度の入れ替え」になるので、候補や組み合わせは計画的にとのことでした。

虎杖が日下部との修行でシン・陰流「簡易領域」を習得したとして、反転術式は誰から習得したのでしょうか。

候補として考えられるのが、乙骨と家入、”五条”の三名です。

秤に関しては領域展開時のみの特殊体質なので、もし習得したとしても領域展開時という縛りが発生する可能性が発生するので省きました。

99秒の「伏魔御厨子」をシン・陰流「簡易領域」でそれぞれの高専サイドの術師が防いでいる描写を見ると、明らかに一人だけおかしい人物がいます。

彼女は呪力が全く使用できないはずですから、あの状況でシン・陰流「簡易領域」が使用できていることはおかしいはずです。

Jujutsu Kaisen Theory: What if Sukuna Isn't Really an Antagonist?

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|脹相は最後は赤血操術で虎杖を守った?

脹相が自ら身を投げ出して、宿儺の「竈」開(フーガ)から虎杖を守り抜いたぞ。

その方法は、丸い球体みたいなもので守られてたけど、赤血操術で虎杖を囲むようにしてたみたいだな。

急にこんなことできるとは思えないから、開(フーガ)を使う前からこの方法は考えてたんだろうね。

それにしても、あの「竈」開(フーガ)は領域内の生物を消し去るんだから、その術式から虎杖を守り抜くのは相当すごいことだと思うよ。

ずっと弟想いで、最後には本当の兄弟みたいになれたみたいで、その点は良かったね。

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|乙骨との入れ替え修行では何を得た?その①

虎杖が入れ替え修行をしてたって、日下部と乙骨が相手だったってバレちゃったんだね。

日下部からは、呪力操作とか結界術とか基本的なことを学んだみたいだけど、乙骨からは何を教わったのかな?

反転術式はもちろん教わったみたいだけど、それ以外にも何かあるんじゃないかな。

乙骨は他の人にも反転術式使えるから、虎杖も他の人に使えるようになったんじゃないかな。

脹相よりも反転術式の理解が早かったから、もうかなりマスターしてるって感じかな

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|五条戦では「竈」開(フーガ)封印していた?

五条戦で、効果範囲を絞りすぎて威力が出せなかったから、封印してたって描写があったけど、ちょっと違和感あるよね。

「竈」開(フーガ)は、「解」と「捌」の工程を経て初めて使えるって説明されてたけど、五条は無下限呪術でその工程がふめなかったと思うんだよね。だから、封印ってよりは、「捌」が使えなかったって考えるのがしっくりくるんじゃないかな?

La véritable forme de Sukuna Ryomen dans Jujutsu Kaisen enfin dévoilée !

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|は「竈」で確定?

オタクっぽく言うとこんな感じかな?

これまで、「がアニメでアークと読んでたから、「竈」とは別物かもって思ってたんだけど、渋谷で放ったのと同じだって見解があるみたいで、つまり同じってことかな?

それなら、なんでこれまで隠してたんだろうって思うよね。理由があったんだろうけど。

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺はかなり追い込まれている?

「竈」開(フーガ)はやっぱり宿儺の最終奥義だったみたいで、それで虎杖を倒し切れなかったのは宿儺にとって大きな失敗だよね。

領域展開後だから術式使うのも難しいし、次は虎杖と東堂の番みたいだね。

宿儺としてはもうどうしようもないって感じだけど、次は虎杖とどうやって戦うつもりなのかな。

裏梅が駆けつける展開になりそうだけど、秤との決着もまだだし、結構難しい状況だよね。

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|虎杖は伏黒も反転術式で修復可能?

もし伏黒が宿儺の受肉体で同じ術式を持っていると仮定したら、それはつまり虎杖と同じ術式になるから、虎杖の反転術式を受け入れるのは簡単そうだよね。

たとえ伏黒の受肉体である宿儺をボコボコにしたとしても、最後には虎杖が反転術式で治す展開になりそうだよね。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「jujusukaisenraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です