呪術廻戦 260話 ネタバレ|宿儺は本当に「術式の使用が困難」になったのか

呪術廻戦 260話 ネタバレ|宿儺は本当に「術式の使用が困難」になったのか
呪術廻戦 260話 ネタバレ|宿儺は本当に「術式の使用が困難」になったのか

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日jujusukaisenraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

悠仁の前に現れたのは張相…。

爆撃から悠仁を守るため、身を挺して盾になったようです。

張相は、修行時に自分が役に立たなかったことを詫びます。

そして、これまでの悠仁との日々を思い出します。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

張相たちにとっては150年という長い時間でしたが、悠仁にとっては数日程度でした。

それでも、弟になってくれたことに感謝する張相。

悠仁に礼をすると同時に灰となってしまいました。

張相の赤血操術が解け、外を見渡すと煙が立ち込めて全く辺りが見えません。 不安の中でみんなを呼ぶ悠仁。

そこに現れたのは宿儺…そして東堂でした。

東堂は、術式を使って宿儺の領域内の人間を領域外へ脱出させる作戦を考えていました。

しかし、宿儺と悠仁は共振を起こすため、悠仁にこの作戦は伝えられていませんでした。

状況が分からない悠仁に説明をする時間はありません。

そこで、藤堂が一言「大丈夫だ!」と告げると悠仁は息を吹き返します。

そして、2人で宿儺の元へ向かいます!

Satoru Gojo vs Sukuna HD Wallpaper - Jujutsu Kaisen Epic Showdown by patrika

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺は今の状況をどこまで想定済みなのか

260話では、高専術師たちがどのような修行をしたのかが明かされました。 その情報によれば、高専術師たちの飛躍的なパワーアップのヒントは宿儺にあったことになります。

なぜなら高専術師たちの修行は、以下の情報をもとに成立したからです。

虎杖の身体で宿儺が呪術を使ったことが、虎杖の成長速度を飛躍的に向上させた その虎杖の例からヒントを得て、「肉体を入れ替える」という修行方法で高専陣営は身体能力を向上させた 宿儺が虎杖に受肉して、呪術を使ったことが今の状態につながっていることがわかります。

では宿儺は、このような事態が起こることは予測していたのでしょうか?

呪術に詳しい宿儺のことですから、このような状況はもちろん予測していたことでしょう。 高専術師たちが力をつけてくることは想定の範囲内で、それでもねじ伏せることができると考えていたのではないでしょうか。

事実、宿儺には「竈カミノ」「開フーガ」がまだ残されていました。

「竈カミノ」「開フーガ」を使えば、高専側がどれほど力をつけてきても問題ないと考えていたと推測するのが自然だと思われます。

Gojo vs Sukuna Epic Showdown - Jujutsu Kaisen HD Wallpaper by patrika

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にならないのはなぜ?

260話では、虎杖の防御力が格段に向上していて、宿儺の打撃と斬撃を混ぜた術にも、ものともしませんでした。

虎杖はなぜ、宿儺の攻撃が虎杖の致命傷にならないのでしょうか。 もちろん、虎杖が強靭性に優れているというのもありますが、宿儺の魂の一部が虎杖に宿っているためである可能性があります。

257話で虎杖の父、仁には宿儺の片割れの魂が宿っていたことが判明しました。 このことから、息子である悠仁にも宿儺の魂の一部が宿っている可能性は高いです。

実際、虎杖は威力は劣るものの、宿儺の術式である「御厨子」を使用できている点でも、宿儺の片割れの魂の一部が宿っていると見ることができるでしょう。

ここで、五条と宿儺の戦いを振り返ると、五条は235話で宿儺に対し、自らを巻き込んで虚式「茈むらさき」を炸裂させていました。

この時、五条は茈の爆心地にいたものの、宿儺と比べても軽傷で済んでいます。 このシーンからも分かるように、自身が使用できる術式を術者が喰らった場合、従来のダメージよりも軽減される可能性が高いです。

それと同様に、虎杖も御厨子を使用できるため、宿儺の斬撃のダメージが大きく軽減されているのではないでしょうか。

以上より、宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にはならず、虎杖が怯むことなく攻撃できている理由にも関わっている可能性があります。 今後、虎杖が宿儺にとって、生涯初の天敵となるのかもしれませんね。

Gojo Vs Sukuna Jujutsu Kaisen Live Wallpaper - MoeWalls

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|虎杖は超人レベルの結界術で宿儺を圧倒する?

260話では、虎杖が黒閃によって潜在能力を覚醒させていました。

虎杖は今後、宿儺を越えうるほどの結界術を披露することになるのではないかと考えられます。 なぜなら、虎杖には播磨の術師である蘆屋貞綱の魂が宿っている可能性が高いためです。

蘆屋貞綱といえば、シン・陰流の開祖であり、相当な結界術の使い手でした。 モデルとなった人物は、安倍晴明に並ぶ陰陽師、蘆屋道満だと言われています。

そんな蘆屋貞綱の魂がなぜ、虎杖に宿っていると言えるのでしょうか。

それは、215話での宿儺の発言にあります。 215話で伏黒に受肉した宿儺は虎杖と対峙した際、「そうか、小僧はあの時の」と何かに気づいていました。

この時宿儺は、虎杖が平安時代に会ったことがある人物だと確信したのでしょう。

またその後、虎杖の顔を見て情けないと笑いながら、「ほらいただろ‼︎あの播磨の‼︎」と裏梅に話していました。 作中で登場した播磨の術師といえば、蘆屋貞綱のみです。

その上、結界術といえば、「簡易領域」のように、守りに特化した術が多いです。

もし仮に虎杖の魂に蘆屋貞綱の魂が宿っているとすれば、宿儺に肉体の主導権を奪われないことや、強靭的な肉体強度にも説明がつけられるのではないでしょうか。

このことから、虎杖には播磨の術師「蘆屋貞綱」の魂が宿っているのではないかと考えられます。 となると、虎杖は今後、結界術の一つである領域展開や新技を使えるようになり、宿儺を圧倒する展開になるのかもしれませんね。

GOJO VS SUKUNA : LE COMBAT DU SIÈCLE EXPLIQUÉ ! - YouTube

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|三輪が新宿決戦に残留した理由

260話で宿儺は、即席の伏魔御厨子を発動させて虎杖たちに対抗しました。 その際高専術師たちは、どうやら簡易領域を使って攻撃をしのいでいたらしいことが描写されています。

その様子をよく見てみると、髪の長い人物が真希を守っているのを確認できます。 この人物はおそらく、京都校の三輪霞だと思われます。

三輪は渋谷事変の際、羂索に一太刀を浴びせようとして刀を振るうことができなくなっています。 また、それ以前からもまだまだ実力不足であることが何回か描写されていました。

日下部からも、「100%瞬殺される奴」の例として名前を挙げられています。

絶対に前線には送れないと言われていた三輪でしたが、なぜか決戦の様子をずっと見守っていましたよね。

三輪が簡易領域で真希を宿儺の領域から守ったことが描かれたおかげで、その理由が判明したわけです。 領域の必中効果に、真希は認識されません。 しかし宿儺はその点も考慮して、真希を捉える対策を講じた領域を使ってくることが想定されていたのでしょう。

つまり三輪は、宿儺の真希対策への対抗策としての役割を持って、あの場にいたということになります。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「jujusukaisenraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です