呪術廻戦 260話 ネタバレ|東堂が参戦!不義遊戯に翻弄される宿儺!

呪術廻戦 260話 ネタバレ|東堂が参戦!不義遊戯に翻弄される宿儺!
呪術廻戦 260話 ネタバレ|東堂が参戦!不義遊戯に翻弄される宿儺!

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日jujusukaisenraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

宿儺の術式はやはり調理術式でした、切り刻む工程が済んでから加熱調理となるように、解と捌の斬撃で切り刻んだ後に竈カミノの扉が開き全てを焼き尽くすと言う流れとなるようです。

竈の炎は速度が無く効果範囲が狭いと言う欠点を補うために科した縛り、領域の中だけはその縛りを低く設定…更に伏魔御厨子の術式を拡張し領域内の粉塵と化した全ての物質に爆発性の呪力を帯びさせたのです。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

また領域の出力を下げずに保ちながら開かれた効果範囲の仕様を変更、伏魔御厨子の領域をあえて閉じたのです。

そして密閉された領域内でサーモバリック爆薬となった粉塵は隅々まで行き渡り爆発の時を向かえるのです…両面宿儺の最終奥義の竈”開フーガ”の全様と凄まじさが明らかにされた瞬間でした。

伏魔御厨子の中心部にいて宿儺と対峙していた虎杖悠仁と脹相は凄まじい炎の中に取り残されます。

そして悠仁は受胎九相図の長兄である脹相の心の声を聞くのです…悠仁…。

脹相は赤血操術の球体で末弟の悠仁を包み込むのでした。

炎が去りその球体から外に出た虎杖悠仁の前には脹相の姿はなく、全てを焼き尽くした焦土のだけが残されていたのです。

Estas são as 13 habilidades mais fortes de Sukuna em Jujutsu Kaisen

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|東堂の不義遊戯

東堂の参戦で気になるのは、彼の術式「不義遊戯」についてです。

真人との戦いで片腕を失ったため、本人も「俺の不義遊戯は死んでいる」と言っていました。

しかし、術式の発動条件は手を叩くことなので、他人と手を叩くことで発動させることが可能です。

虎杖と非常に良いコンビネーションを見せていた東堂ですから、虎杖の手を借りて術式を発動させるのではないでしょうか。

さらに、乙骨や硝子に反転術式を施してもらい、手が復活している可能性も考えられます。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|宿儺の片割れの術式が虎杖に発現する?

虎杖の父親が宿儺の片割れの生まれ変わりだと判明しました。

それにより、裏梅も感じていたように、虎杖自身が宿儺と同等の潜在能力を秘めている可能性があります。

宿儺とまったく同じ術式を発現するか、あるいは片割れに宿るはずだった術式が虎杖に発現するのではないでしょうか。

そうなれば、術式の粗さはあるものの、宿儺にとって大きな脅威となると考えられます。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|虎杖に刻まれた術式

不完全とはいえ、脹相の術式であった「穿血」を使えるようになっていた虎杖。

様々な修行をしてきた虎杖の新技がやっと発揮され、これからの覚醒を示唆していそうですね。

その中で一番期待したいのは、虎杖の体に刻まれているとされる宿儺の術式です。

以前、宿儺が虎杖に受肉していた時に五条が宿儺の術式について語っていました。

Entenda como Sukuna se tornou uma maldição em Jujutsu Kaisen

その中で発現されるものとして「フーガ」の可能性が高いのではないでしょうか。

「穿血」と似たような形態のものであり、虎杖が吐き出す血液は爆発的な力を持っていました。

自分の血液を媒体とし、「穿血」と「フーガ」を併せ持った術式が虎杖の術式として発現するのではないでしょうか。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|ミゲルとラルゥ

一時的に宿儺戦の加勢に現れたミゲルとラルゥ。

ラルゥは宿儺の攻撃をもろにくらってしまったため、重傷を負っています。

しかし、宿儺に隙を作るために最後の力を振り絞って術式を使用し、大きな仕事をしてくれました。

これで二人の役割は終わりとなるのではないでしょうか。

もともと条件付きでの参戦だったので、虎杖が覚醒したことで撤退すると思われます。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|宿儺の反転術式が復活

4度の黒閃を放った宿儺。

本誌でもあったように、生前の五条は同じ状況で反転術式の出力を取り戻していました。

五条にできたのであれば、その戦いの勝者である宿儺も可能なのではないでしょうか。

もし宿儺が反転術式の出力を取り戻せば、高専側にとって絶望的な状況になってしまいます。

Jujutsu Kaisen: Ini Korban Sukuna Selanjutnya!

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|ミゲル黒縄を使用する?

宿儺戦に参戦してきたミゲル。

ミゲルの術式は、自らの身体能力を向上させるものだと判明しました。

実際に戦いの中で、宿儺に素手でダメージを与えています。その力は、五条に「点の動きなら負ける」と言わしめるほどです。

しかし、この後、宿儺が反転術式の出力を取り戻す可能性が出てきました。

その場合に備えて、ミゲルは実は黒縄(こくじょう)を母国から持ってきているのではないでしょうか。当初はもうないとされていましたが、乙骨との旅の中で黒縄を探すというミッションも五条から出されていました。

「あらゆる術式効果を乱し相殺する」という効果を持つ黒縄。それにより、五条の無下限術式を封じることで互角に渡り合っていました。

宿儺との戦いで、ここぞというときに黒縄を使用する可能性があるのではないでしょうか。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|ミゲルと乙骨の関係

「呪術廻戦」にてミゲルは、夏油を王にするとして敵対していた存在でした。しかし、夏油の敗北後、なぜか乙骨を押し付けられともに海外へ。

二人の関係はそこから始まったと考えられます。りかちゃんが成仏したことにより、特級から4級術師に下がっていた乙骨ですが、再び特級に返り咲いています。

このことから、海外でのミゲルとの修業が今の乙骨を作り上げているといっても過言ではないでしょう。

現在、乙骨は宿儺の攻撃を受けて離脱していますが、ミゲルの登場により再び参戦へのフラグが立っているのではないでしょうか。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「jujusukaisenraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です