呪術廻戦 260話 ネタバレ|復活の不義遊戯! 東堂の「黒閃」が炸裂

呪術廻戦 260話 ネタバレ|復活の不義遊戯! 東堂の「黒閃」が炸裂
呪術廻戦 260話 ネタバレ|復活の不義遊戯! 東堂の「黒閃」が炸裂

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

フーガですが、威力を考慮すると漏瑚の術式以上であるが明らかですので、現状の高専メンツに対しては即死レベル、つまり全滅も見込める威力である可能性が高いです。

宿儺の現状を加味すると、この状況でフーガを使用して高専メンツを絶滅させることができなければ厳しい状況に追い込まれるでしょう。

今回、の部分が明かされましたが、「竈」の部分が変化することで、「御厨子」のように変化する術式であるのならば、拡張次第では攻撃対象を「見えない業火で焼く」なんてことができるかもしれません。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

もしくは、爆破や消えない炎のような要素をバフさせることができるかもしれません。

最大出力が今回のものであると想定して、これが外れた場合の宿儺の今後の戦闘法に期待したい部分もあります。

虎杖は覚醒により、宿儺の刻まれた術式「御厨子」を現代ナイズされた形で使用することができるようになりました。

一方の宿儺は、領域展開を復活させ奥の手と思われる「竃・開(カミノ・フーガ)」を発現させました。

となると、虎杖に関しても刻まれた術式として「フーガ」が使用できるはずです。

宿儺が術式を2つ使用できる理由としては、双子の呪いを覆したからにほかならないと思いますが、虎杖はどうなのでしょうか?

Ryomen Sukuna Devil (Jujutsu Kaisen) Live Wallpaper

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|「不義遊戯」連携

『呪術廻戦』第260話終盤。満を持して登場したのは、虎杖悠仁の“超親友(ブラザー)”東堂葵です。

包帯で巻かれた左手が大きく腫れ上がっているのは、「無為転変」によって”魂”の形を変えられてしまったからでしょう。

……とは言え、あくまで”掌”は”掌”。

再び腕と接合したことで、術式「不義遊戯」が復活したようです。

さて、そんな東堂が虎杖と合流したことで、これから期待したいのは“息の合った連携”ですよね。

「京都姉妹校交流会」編で特級呪霊・花御と対峙した時も、息の合った連携で相手を敗北寸前まで追い込みました。

“何かを起こしてくれるはず”という期待を抱かせてくれる、虎杖悠仁と東堂葵の“超親友”コンビ。

第260話から始まるであろう戦いに要注目です。

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|東堂葵の「黒閃」が炸裂?

虎杖悠仁が「黒閃」を連発したからこそ、東堂葵にも「黒閃」の発動を期待したいところですよね。

いくら宿儺が術式が焼き切れた状態とは言え、純粋な体術や呪力操作だけでは厳しいと思います。

虎杖に続いて、東堂の爆発力も勝敗に関わる重要な要素になるでしょう。

Jujutsu Kaisen: Sukuna comenta o nível de poder de Yuji - Geek de Primeira

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|虎杖が術式を活用

現在の虎杖は、2種の術式が刻まれた状態にあります。

……そう、呪物「呪胎九相図」の4〜9番を摂取したことで刻まれた「赤血操術」と、”宿儺の器”だったがゆえに発現した「御廚子(みづし)」の2種類です。

宿儺が術式が焼き切れた状態であるからこそ、術式の所持は大きなアドバンテージになるはず。

”虎杖がいかにして術式を使いこなすか”が今後の戦いのキーになるかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺の呪力量は残り僅か?

五条悟との対戦から始まったこの戦いから、さすがの宿儺も呪力量はかなり少なくなってきているのではないでしょうか。

不完全な領域展開から、最終奥義「竈」開(フーガ)を発動した宿儺でしたが、結果的に虎杖を倒すことができませんでした。

おそらく、これで仕留めきる思惑だったはずで、出し切った感が強いです。

奥義を発動したことで、術式が焼き切れる時間も長くなったりするかもしれませんね。

Jujutsu Kaisen Has A BIG Problem With Sukuna & It's Ruining the Final Battle

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|東堂の腕は呪具を装着している?

改めて振り返ると、東堂の包帯が巻かれた左腕の大きさが気になりますよね。

あの大きさからすると、なんかしらの呪具を付けている可能性が高いのではないでしょうか。

そうなるとメカ丸がなんだかイメージできますが、実際にメカ丸の手を使っていたらかなり面白いですが、どうでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺は東堂の腕を狙う?

東堂の「不義遊戯」は両手を叩くことで発動されるものです。

左腕がどうなっているのかは、現在のところ不明ですが、宿儺は虎杖に受肉しており東堂のことをよく知っています。

そうなると、まずは東堂の腕を切り落とす手段を取るんじゃないでしょうか。

術式使用が困難で、仮に脳を焼き切れた脳を修復するとしても、「不義遊戯」が厄介なことを知っているため、まずは面倒な東堂から狙ってきそうですよね。

ただ、東堂も宿儺に作戦がバレないように用意周到に事を運んでいたことを考えると、その対策もしっかりしてきている可能性は高そうですよね。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です