呪術廻戦 261話 ネタバレ|速報ネタバレ予想&考察「五条の亡霊は本物」?

呪術廻戦 261話 ネタバレ|速報ネタバレ予想&考察「五条の亡霊は本物」?
呪術廻戦 261話 ネタバレ|速報ネタバレ予想&考察「五条の亡霊は本物」?

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

領域展開後は術式が焼き切れていてしばらくは使えない、その大前提を元に虎杖と東堂が今が宿儺を倒す最大のチャンスだと思っています。

しかし、宿儺は笑っていました。元々悔しさや辛さを表情に出すキャラではありませんが、この笑みは虎杖たちを哀れだと思っているからでるものだと推測します。

腕は治っていませんが、黒閃により反転術式のレベルが上がっていたとすれば、五条の様に焼き切れた術式を復活させているかもしれないのです。

肉体よりも術式の回復を優先していたとしたら、接近している虎杖と東堂は非常に危険です。

冥冥と東堂の作戦が成功していれば、領域内にいたみんなは無事なはずです。まだ戦えます。

もしも先の予想が間違っており、本当に宿儺の術式が現在使えないのであれば、本当に今が一番重要なタイミングになるでしょう。

ここで総力戦をしかけ、一気に宿儺を倒しに行きます。

裏梅が上空でほくそえんでいたことを踏まえると、宿儺の本気も出てしまった可能性があります。

一気にラストスパートでクライマックスへと駆け抜けていくのでしょうか?

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦最新話261話の展開五条悟の亡霊を見ても宿儺は領域展開をする?

『呪術廻戦』261話では、宿儺が「最強の亡霊」=五条悟を目にした場面が描かれました。

その直後の宿儺の反応や展開として考えられるのは、もし五条悟が本物だった場合、一番ありそうなのは3番目のシナリオです。

以前、五条悟が術式の性能について考えていた場面があったため、このセリフが出たのはその影響かもしれません。

「ああ…良かったよ…術式の性能では僕の方が圧倒的に上だ」

これは宿儺の領域内で切り刻まれながら考えていた時のセリフです。

その時、宿儺は領域内でも反転術式が使える、対応可能と判断したからこそこのセリフが出たのかもしれません。

ただもし五条が敗北と復活を想定していた場合、後々自身の領域展開の存在を牽制としても使えると判断したからこのセリフが出たとも考えられます。

Jujutsu Kaisen - Sukuna by icayenne on DeviantArt

呪術廻戦最新話261話の展開五条悟の亡霊は本物?左目を移植した釘崎?

『呪術廻戦』261話に登場した五条の亡霊は本物の可能性があります。

真っ二つにされ、今は肉体が憂憂(あるいは東堂)に転送されたはずの五条ですが、肉体を動かす術式、あるいはオガミ婆のような降霊術があれば一時的に五条悟を復活させることは可能です。

高専関係者たちの会話から、戦い前にいくつもの保険をかけていたこと、五条悟の敗北を考慮していたことが分かっています。

五条悟の「代わり」を用意することはもちろん、「本物」も復活できるよう策を講じていたとしてもおかしくありません。

もし本物でないとすれば、はったりか、あるいは五条の術式をコピーした乙骨、喪った左目に五条の目を移植した釘崎などが考えられます。

ここで復活したとすれば、261話「南へ」の「新しい自分になりたいなら北へ、昔の自分に戻りたいなら南へ」という言葉の意味が変わってきますね。

呪術廻戦最新話261話の展開宿儺が苦手視する東堂の退場

『呪術廻戦』260話で宿儺が敵の中で東堂葵が一番マイペースで崩しにくいと考えていました。

ただ東堂は「不義遊戯」改を使えるようになっても、左手は喪ったまま、ビブラスラップを付けています。

ビブラスラップを壊され、肉弾戦に持ち込まれたらまずいはず。

宿儺としても厄介な東堂を何とかしたいと考えているだろうし、虎杖も永遠に攻撃しつづけるわけにはいきません。

東堂の退場は意外と近いのではないでしょうか。

具体的には五条悟の亡霊の正体がはっきりする前後あたりと予想。

Boy Jujutsu Kaisen Pink Hair Red Eyes Sukuna HD Jujutsu Kaisen Wallpapers |  HD Wallpapers | ID #70827

呪術廻戦最新話261話の展開虎杖は兄と超新星を超えていく?

『呪術廻戦』261話で虎杖と加茂と脹相の修業シーンが描かれました。

その中で脹相は百斂をうまく教えられず、超新星なら教えられると言いましたが、加茂に止められています。

修行期間が短いから超新星は会得できなかったとにおわせていました。

しかし、同話で脹相は弟虎杖の成長を信じていたし、虎杖の方が飲み込みが早いと指摘。

さらに虎杖は何度も百斂を間近で見て、超新星は実戦で喰らっていました。

呪術廻戦超新星を虎杖は喰らっている 渋谷事変で脹相との戦いの際に超新星を喰らう虎杖悠仁 引用元:呪術廻戦公式X 感覚としてつかんでいる可能性はあります。

虎杖が超新星を使えるようになる、超新星を超える技を使うと予想します。

兄の想いに応えたい、その想いがさらに虎杖を強くするのではないでしょうか。

呪術廻戦最新話261話の展開虎杖のポテンシャルで開を防ぐ方法

『呪術廻戦』261話ラストで灯された「竈」(カミノ)「開」(フーガ)。

これは261話で明かされたように両面宿儺の最終奥義なので、シン・陰流の簡易領域では防げません。

すぐにもう一度出すことはできないようですが、再び出てくる場合もあります。

そして虎杖が最初に防げたのは脹相が命を賭けた結界で守ってくれたおかげ、二度目はありません。

となると、全力で避ける、転移するといった受けない方向か、別の技で対抗するしかないでしょう。

虎杖は宿儺の「斬る」術式は使えるけれどレベルは低い感じなので、「炎」が使えるとしても宿儺と同等にはいかないはず。

ただ修業期間中「炎」を使う方に心血を注いだから斬撃の熟練度が低いというパターンも一応ありえます。

あと考えられる対抗策としては、宿儺じゃない方、母方の術式。

虎杖香織の「反重力機構」(アンチグラビティシステム)が実は虎杖の中にあってそれを使って防ぐパターン…。

これは誰かが術式を発見+河童の相撲部屋での修行とかがないと成立しないでしょうけれど、使えたらすごくかっこいいですよね。

Jujutsu Kaisen Theory: What if Sukuna Isn't Really an Antagonist?

呪術廻戦最新話261話の展開宿儺と天使の関わりが分かる?

『呪術廻戦』261話で宿儺が「竈」(カミノ)「開」(フーガ)を放ちました。

この読み方はラテン語由来のようですが、平安時代に生きた宿儺がラテン語をどう学んだのか疑問ですよね。

考えられるのは忌む子として生まれ、疎まれた結果、一般的には関わりを持たない人たちと交流するようになったとか。

平安時代は呪力全盛の時代なので、呪術を学ぶ留学生が密かに日本に来ていたとしても不思議ではないです。

宿儺を「堕天」と呼ぶ天使はどうやらキリスト教圏の人(技名「邪去侮の梯子」は旧約聖書が元ネタ)。

天使が生前日本を訪れていた宣教師(エクソシスト?)兼呪術留学生とかで、宿儺と関わり、呪術の手ほどきをしたというパターンもありえます。

呪いを祓う呪術師にしようとしたのに呪詛師、呪霊になったから「堕天」呼びなのかもしれません。

その場合は天使が宿儺の炎の術式の特徴、対処法について情報を共有している可能性もありますね。

呪術廻戦最新話261話の展開虎杖と宿儺の関係が分かる家系図と相関図

『呪術廻戦』261話では、虎杖と宿儺の関係性が明らかになりました。

宿儺は双子で生まれるはずだったのを「退けた」そうですが、羂索がその双子の魂を利用。

乱暴に言えば、羂索と宿儺の子が虎杖という感じです。

呪術廻戦の世界では双子は一つとみなされ、一般的にも一卵性の双子であればほぼ100%同じDNAとなります。

羂索は明治時代に加茂憲倫として呪霊の子を成す研究を成功させているため、そのノウハウを流用したのでしょう。

家系図、相関図はこんな感じです。

呪術廻戦虎杖家の家系・相関図、虎杖悠仁は宿儺の双子の 生まれ変わりを父に持ち、 羂索を母に持つ 呪術師のハイブリット 赤血操術・御廚子の術式が 使える! 虎杖悠仁誕生のためにかなりの年月と労力がかかっています。

これも羂索の目的とされている、人類の進化のためなのでしょうか。

呪いの王を倒す人間、それが虎杖悠仁の役割で羂索がやりたかったこと…?

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です