呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟は復活しない!

呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟は復活しない!
呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟は復活しない!

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

東堂の術式で結界内の術師を外へ出す作戦が実行されました。

宿儺の「カミノ」の発動時ということなので、間に合わない場合当然あり得るでしょう。

フィジカルギフテッドの持ち主で真希に関しては、生き延びている可能性はありそうです。

その他の日下部や猪野の生存可能性は低そうです。

宿儺の最終奥義ということなので、全員即死パターンも当然あり得ます。

希望としては、みんな生き延びていてほしいですが…どうなのでしょうか?!

主要キャラが次々と死んでいくのは心が痛みますね…。

またもや雲行きが怪しい展開となってきました。

宿儺が術式を取り戻した場合、もう今のメンバーで戦えるとは思えません。

そうなると再度、乙骨の登場が期待されます。

とはいえ、乙骨もかなりの負傷者であることは違いありません。

ですが、そうもいったられない状況となっってしまったので出ざる負えないとも言えます。

宿儺との戦い…勝てる気がしないのは私だけでしょうか

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想 ビブラスラップの「ブギウギ改」

彼の登場により、物語はさらに盛り上がる展開が期待されます。

そして261話では、驚くべきことに、本来使えないはずの「ブギウギ」が使用されました。その理由は、ビブラスラップを使っているからなんです!

ビブラスラップは、錘を叩くことで木箱の中の金属片を振動させ、特別な音色を出す打楽器です。このビブラスラップの使用により、衝突回数に応じて入れ替え回数を制限し、術式の対象を複数選択し、効果範囲を広げることができるようになりました。

このビブラスラップの効果で、複数回の立ち位置変更が可能となり、宿儺が使用した「伏魔御廚子」では、領域内の味方である真希さんやイノタクを爆発から遠ざけることができます。つまり、みんなが生きているということですね。そして、真希さんが生きていることも、戦力的には非常に大きな意味を持っています。

実際にこの戦いの中で虎杖と東堂が勝利できなかったとしても、真希さんが残っているので、宿儺に対抗する十分な戦力があることになります。なので、これが最終決戦ではない可能性が高いですね。真希さんについてはまだ全力を出し切れていないと考えられるので、さらに攻撃手段が残っている可能性もあります。

今後、真希さんがどのように活躍するのかも楽しみなポイントです。それでは続いて、宿儺が東堂を苦手とする理由について見ていきましょう。

Sukuna from Jujutsu Kaisen HD Anime Wallpaper by patrika

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想宿儺は東堂が苦手な理由!

宿儺にとって術師の中で最も苦手なのが東堂です!

宿儺自身も、東堂が最もマイペースで倒しづらい相手だと認めています。

東堂が現在最も出てほしくない相手であることを考えると、宿儺にとっては大きな脅威です。もし「カミノフーガ」の能力が残っているなら、広範囲に攻撃できるため東堂を倒すことができるはずですが、使用したばかりで再使用できない状態にあると思われます。

虎杖と東堂の連携により、宿儺は合計8回目の黒閃を受けます。それでも、宿儺は余裕の表情を見せており、乙骨先輩と同じくらいの呪力を持ち、使えなくなった術式でも領域展開を何度も行えるようです。

しかし、領域展開しようとした際、自らが殺した最強の亡霊が現れます。これにより、宿儺が東堂を苦手とする理由が明らかになります。実際に、東堂は倒しても復活することや、頭が非常に良く、術式の理解度も高いため、非常に難易度の高い相手となっています。

虎杖と東堂がコンビを組むと、なかなか勝利することや攻撃を成功させることは難しくなります。2人は兄弟と言うほど仲が良く、阿吽の呼吸で攻撃を合わせるため、2人のコンビはなかなか崩せないでしょう。だからこそ、宿儺にとっては非常に厄介な相手となっています。

それでは、最も気になる「六眼」の復活について見ていきましょう!

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想六眼の復活は確定!

「その目は紛れもなく」と書かれているので、五条悟の六眼が復活したのは確実だと言えるね。

たぶん、虎杖と東堂が協力して、宿儺との最終決戦に挑むことになるだろう。

六眼の復活についてだけど、間違いなく六眼が復活したのは確定しているよ。

でも逆に言えば、五条悟が復活したっていうことが確定してるわけじゃないってことだね。

この世界で六眼を持っているのは1人だけだ。

そう考えると、もちろん五条悟だと思うかもしれないけど、実はこれはミスリードだと言っていいだろう。

じゃあ、五条悟以外に考えられる人物は誰なのか、詳しく見ていこう。

Gojo Vs Sukuna Jujutsu Kaisen Live Wallpaper - MoeWalls

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想体は全て五条悟のパターン

五条悟がそのまま復活してしまったら、あまりにもチートすぎるから、漫画的にもつまらないと思うな。

宿儺をここまで追い詰めた最強のキャラである五条悟がそのまま復活すれば、もちろん五条悟が一瞬で勝利しちゃうだろう。

そんなつまらない展開は考えられないから、今後出てくるのはおそらく五条悟の体に入った別の魂だろうね。

実際、憂憂の能力があれば、魂を入れ替えることができるってわかってるから。

だから、ほぼ間違いなく魂が入れ替わってると思うよ。

そして、魂が入れ替わってる人物として考えられるのは、反転術式が強い人物だろうね。だから、候補としてはやっぱり乙骨先輩が一番高そうだよ!

乙骨先輩は、反転術式の能力だけでもトップクラスだからね。だから、やっぱり乙骨先輩の可能性が一番高そうだね。

それに、他にも考えられるなら、術式の理解度が高い人物かな。そうすると、日車も考えられるかな。

でもやっぱり、見ててかっこいいのは乙骨先輩だよね。

でも五条悟の復活が降霊術による可能性もあるかもしれないな。

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想五条悟の復活が降霊術

これはめっちゃ興味深いよね。なんでかって?ナレーションで五条のことを「亡霊」と呼んでるからさ。

それって、かつてオガミ婆が降霊術で復活させたパパ黒を「亡霊」と呼んでたことと繋がるんだ。

それに、五条とパパ黒ってメタ的に似て描かれてるから、この説は結構有力だよね。

オガミ婆以外に降霊術ができる人って、まだ出てきてないけど、新しいキャラとか出てきたり、他に協力者が現れてもおかしくないかもしれない。

例えば一級術師の宇佐美って人がいるけど、その正体が未だに明らかにされてないんだよね!

日下部さんが「一級術師の中で、誰が1番強い?」って聞かれて、俺と宇佐美以外って言ってるから、この宇佐美って誰なのか気になるよね。

まだ公開されてないから、これから明らかになること間違いないし、その人って降霊術ができる可能性もあるかもね!

じゃあ、次のパターンも見ていこうか。

Gojo vs Sukuna Epic Showdown - Jujutsu Kaisen HD Wallpaper by patrika

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想「六眼」だけが入れ替えられたパターン

「六眼」だけを入れ替えてるパターンって実際、見た目だけで言うと、髪の毛が明らかに五条悟に似てたんだ。

だから、体ごと入れ替わってる可能性の方が高いと思えるけど、実際に「六眼」だけが入れ替わってる可能性も十分に考えられるね。

それで、「六眼」だけが入れ替わってるって言うなら、考えられる人物としてはやっぱり乙骨先輩かな。

乙骨先輩が「六眼」を扱うことができる可能性が一番高そうだよね。

実際、五条悟の親戚でもあるし、適用能力も最も高そうだから、やっぱり乙骨先輩が一番の候補だと思うよ。

それに、どこか五条悟よりも押さない感じがするよね。それは中身が乙骨先輩だからかもしれないね。

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想もともと「六眼」を持っている人物が存在するパターン

じゃあ最後に、五条悟以外の「六眼」の可能性について考えてみよう。

ここ最近、新しい「六眼」の持ち主が登場する可能性も結構あるかもしれない。

例えば、過去に「六眼」を持ってた人が再登場するとか、新しい「六眼」の持ち主が出てくるとか、そんな可能性も捨てきれないよね!

でもそれだと面白くなくなっちゃうから、やっぱり一番可能性が高いのは五条悟と魂が入れ替わってるっていうことだよね。

呪術廻戦261話ネタバレ考察予想五条復活はまやかし!

そして今回、「六眼」のキャラクターが新しく出てるように見えたけど、実際には、「六眼」を使えるキャラクターがその場にいない可能性が高いと思うんだ。

だって、もしも本当に「六眼」の力を持った人が出てきたら、宿儺が一瞬でやられちゃうでしょ!

読者としては、新しい展開はもちろん楽しみだけど、だいたい同じ展開は飽きちゃうから、やっぱり人気キャラが復活してくれたら嬉しいよね。

でも、ここまで積み上げてきたものを一気に壊すような展開じゃ、実際に「六眼」の力を持った人が出てくるわけじゃないんじゃないかな。

だから、「六眼」の力を持った人が出てきたように見えたのは、おそらくミスリードだと思うんだ。

それに、東堂は場所について入れ替わりができるから、五条悟の死体とかを持ってきた可能性もあるかもしれないね。

宿儺が領域展開するってことになったら、虎杖も東堂もまずひとたまりもないから、領域展開されたら、敗北する可能性がある五条悟を近くに置いてるんじゃないかと思うんだ。

でも、それで一瞬の隙が作れるかどうかはわからないね。

それでもその一瞬が重要だと思うし、その隙に虎杖が宿儺にもう一度黒閃を放って、さらに覚醒していくんじゃないかなって思えるよ。

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です