呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟の復活か?!

呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟の復活か?!
呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟の復活か?!

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

虎杖が新しい術式を発現してたみたい。

詳細はまだわからないけど、脹相と同じく血に関する術式みたいだね。

宿儺との戦いで、宿儺に血を吹きかけて、それが爆発するのを見た。

脹相みたいに血を操るってわけじゃなさそうだけど、血を爆発させる攻撃性の高い術式みたいだ。

これからは相手の体内に血を送り込んで、体内から爆発させることもできるんじゃないかな。

宿儺が全体的に高まった高専術師の防御力や、虎杖の反転術式、乙骨の領域の上級運用など、短期間での成長を感じるね。

つい「このひと月何をした?」って聞きたくなる。

虎杖が「努力と根性」って答えたのに対し、乙骨は「ズルしました」と同時に言ってる。

その後の二人の表情からすると、同じ“何か”をして成長したんじゃないかな。

以前、虎杖と日下部が入れ替わってた場面があったけど、他のメンバーも術式の核を掴むために何かしてた可能性もあるね。

それに、乙骨自身が宿儺の最後の指について話してた。

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|高羽は眠ったまま?

羂索との戦いを終えた高羽は、白装束に身を包み眠っていました。

首を斬られた羂索が、高羽の姿を見て言った一言がとても印象的でした。

「もっと違う形で出会えていれば、間違いなく良い友人になっていただろう。」

羂索にこんな思いを抱かせた高羽は、まさに超レアキャラだと言えるでしょう。

そんな高羽ですが、このまま出番はないのでしょうか?

羂索に隙を作り出すことに成功したので、これで役割が終わっても良さそうですが、宿儺の場合だとどうなるのかも気になります。(笑)

ただ、高羽と宿儺では力量が違いすぎるので、最初から無理なのかもしれませんね。

それでも、また高羽のネタが見たいです。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|五条悟の復活か?!

宿儺の領域展開直後に現れたのは、葬ったはずの五条悟の亡霊でした。

しかし、これが本当に五条悟なのかは疑わしいところです。

すでに五条悟はあの世で夏油たちと再会しており、死んだのは確実です。

とはいえ、短期的に誰かの術で召喚することは可能なのかもしれません。

もしくは、宿儺の見間違いの可能性だってあります。

五条の復活を望む声は多いかもしれませんが、個人的にはあの五条の死に方が五条らしくて良かったなーと思っています。

宿儺が見たのは本当に五条悟だったのでしょうか?!

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|悠仁と東堂は一時撤退?

宿儺は心臓を悠仁に抉られ、とっさに領域展開をしたと考えられます。

その後、五条悟と思われる亡霊が現れました。

これは次なる刺客と見てよいでしょう(本物かどうかは別として)。

となると、悠仁と東堂は一時撤退することになるのではないでしょうか?

悠仁はずっと宿儺と戦っており、それなりのダメージも受けています。

東堂は悠仁を助けるために現れたとすると、宿儺とのタイマンは難しそうです。

片手を失っていますしね。

一旦撤退して体力を温存するのが賢明かもしれません。

宿儺を追い込んでいるのは確実ですからね!

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|乙骨が登場?!

乙骨の補助で、領域内にいた術師を外に逃がすことに成功していました。

これはかなり希望が残されたのではないでしょうか!?

また、乙骨が動いていたということは、また宿儺の前に現れる可能性が十分にありそうです。

ただ、真希を領域に入れるため、深手を負いました。

この傷が、この短時間でどれだけ回復したのかがポイントとなりそうです。

乙骨の再登場に期待が高まりますが…どうなるのでしょうか?!

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|宿儺の本気を出す相手は悠仁?

悠仁と宿儺の関係がついに明かされて、伏線が回収されたね。

なんと、悠仁の特性能力が宿儺と同等の可能性を秘めていることが判明!

それに気づいた宿儺も、そろそろ本気を出す時が来たんじゃないかな?!

自分と同じ力を持つ相手なんて、宿儺にとってこれ以上ない挑戦者だよね。

五条悟でさえできなかったことを、悠仁がやっちゃう可能性が大きい!

悠仁の覚醒と残っている術師たちで、どうにか宿儺を倒してくれることを祈ってるよ。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|再び伏黒の魂に訴える?

悠仁の黒閃がついに宿儺を捉えたね。

前回、悠仁は伏黒を目覚めさせることに失敗したけど、その後も伏黒を助けることを諦めてなかったんだ。

今、伏黒の魂はかなり深く沈んでいる状態だけど、悠仁の黒閃がもう一度伏黒の魂に響くんじゃないかな?

2人はまるで老夫婦のように深い繋がりを持っているから、伏黒を救えるのは悠仁しかいないことは間違いないよ。

この黒閃で伏黒の魂が揺さぶられることを期待してるよ。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|憂憂はもう登場できない?

傷ついた術師の救助役として登場していた憂憂。

しかし、宿儺は憂憂の存在に苛立ちを感じていたみたいだね。

ミゲルの登場で今回はなんとか危機を脱したけど、次回以降は命がけの救助になるんじゃないかな?

そうなった場合、憂憂がまた出てくるかどうかは疑問だね。

もしかしたら、今回の一件で今後の登場がなくなる可能性も十分にあるかも。

そうなったら、術師の死体がそのままっていう展開になっちゃうけど…。

そんなことにならないように、そろそろ決着の時が来てほしいね。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|秤と裏梅の戦いに焦点が当たる?

呪術廻戦261話では、久々に裏梅と秤が登場しましたね。

宿儺戦では真希が登場し、物語もそろそろ終盤に差し掛かってきた感じがします。

でも、その前に裏梅と秤の決着がつくんじゃないでしょうか?!

久しぶりに登場した2人ですが、どちらも大きなダメージを受けている様子はありませんでした。

ということは、2人の力が互角だと言えるかもしれませんね。

裏梅の実力はまだほとんど明かされていませんが、あの宿儺の側近であることからして、相当な実力者であることは間違いないでしょう。

そろそろ2人の戦いに焦点が当たるころかもしれませんね!

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|伏黒の魂はもう目覚めない?

悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身には生きる意志がありませんでした。

ここで、悠仁と伏黒の間に大きな差があることが明確になりました。

悠仁は何度魂を壊されても立ち上がる強さを持っていますが、伏黒にはそれがありませんでした。

これは悠仁にとって大誤算だったのではないでしょうか?

そんな伏黒ですが、もう復活の時はないのでしょうか?

状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれていて、もう伏黒を救う余裕はなさそうですが、悠仁を救ったのは伏黒です。

悠仁が伏黒を見捨てるとは思えません。

可能性は低いかもしれませんが、まだ伏黒の復活に期待してもいいのではないでしょうか?

というか、復活してほしい!(笑)

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「jujusukaisenraw.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です